切手と買取と時々紹介

お年玉切手シートや年賀切手の買取価値は

年賀切手の中には高く買取される種類も

日本で毎年発行されている切手は多くあります。前の項でご紹介した切手趣味週間シリーズもそうですし、国際文通週間を祝う切手も毎年発行されています。ですが毎年発行されている切手で最も知名度が高く身近なものは、やはり年賀切手ではないでしょうか。

年賀切手は1935年に初めて発行されてから、日本でほぼ毎年発行されている切手です。戦時中は控えられましたが、干支にちなんだ図柄が採用されている、現在でも続く息の長いシリーズです。年賀切手の中でも価値が高い切手があり、例えば円山応挙が描いたトラが図柄となっている「応挙のトラ」は非常に有名です。日本で発行されている年賀切手にはバラ切手単位の年賀切手と、小型シートの形式で発行されるお年玉切手シートとがあります。小型シートと切手では価値も違いますが、一般的に発行数が少ない小型シートの方が価値は高い場合が多いです。ちなみに近年では、海外へ郵便を送る際の差額分の18円切手が話題を呼んでいます。図柄はお寿司や天ぷらなど外国人にも馴染みのある日本食が採用されているため、ユーモア富んだ内容となっています。

年賀切手の買取は、例えば近年発行で額面が変わらない切手であれば金券ショップでも買い取ってもらうことが出来ます。ですが昔の切手であれば額面が銭などに変わってしまったり、5円切手といった極端に額面の低い切手も数多くあります。日本で初めて発行された年賀切手の額面も2円ですので、金券ショップのレートで換算すると1枚2円以下になってしまいます。けれども切手買取業者であれば額面の何十倍という買取価格がつくことがざらにあり、結果的にすごくお得になる可能性が高いです。ちなみに中国切手で有名な「赤猿」という切手も年賀切手として発行されたもので、発行年の干支が猿であったことからこの図柄となりました。赤猿の年賀切手はバラ切手1枚単位でも10万円以上の買取価格がつく切手ですので、所持しているのであれば切手買取業者に相談することをおすすめします。

Copyright © 2017 切手と買取と時々紹介 All Right Reserved