切手と買取と時々紹介

古い切手は高い買取価格がつく可能性が

古切手の中にはプレミア価格で買取されるものも

前項では高値で売れる中国切手の理由をご紹介しました。外国切手には有名な切手が多くあり、例えば世界で初めて発行された切手のペニー・ブラックや、世界中を探しても数十枚しか見つかっていないというブルー・モーリシャス等は専門著書なども発行されており、非に知名度が高く、価値も高い切手として知られています。ですが外国の切手ばかりが高く売れるのかというと、実はそうではありません。例えば日本で昔に発行された桜切手などは1枚に3億円もの値段がつくものもあり、非常に価値が高くなっています。桜切手とひとくちに言っても種類は様々あり、あくまでその中に一部ではありますが、かなり価値が高い切手として知られています。

他にも「見返り美人」や「月に雁」、年賀切手の「応挙のトラ」などは切手買取店でも高く売れる切手として知られており、また切手コレクターではない普通の家庭でも出てくる可能性が高いので、主力買取商品として宣伝されています。また、あまり聞かない切手ではありますが、日本で発行された「軍事切手」も高い価値を持っているものがあります。そもそも軍事切手とは、軍人が手紙の発送を行う際に使用されていた切手で、郵便の数などを管理するためにと作られた専用の切手でした。特に臨時で発行された軍事切手は非常に価値が高い可能性があり、青島切手などは何百万円を超える価値を持っているのです。他にも軍事切手は文字の間隔やどこで発行されたかにより高値がつくものがありますので、切手収集の中でも非常に奥が深いジャンルですね。

他にも沖縄で昔に発行されていた沖縄切手や昔のお年玉切手シートの一部など、日本で発行された切手の中でも高い値段がつく切手がありますので、古い切手は一概に処分してしまわず、専門機関や切手買取店での査定を行うことをおすすめしています。特に切手買取業者の査定は完全無料ですし、問い合わせ等にもお金がかからないので気軽に利用することが出来るのがメリットです。

Copyright © 2017 切手と買取と時々紹介 All Right Reserved