切手と買取と時々紹介

買取価格にも影響?切手保管の重要さ

切手の保管次第で切手買取価格も上下します

切手収集は世界的に有名な趣味で、日本国内でも数多くの切手展覧会や販売会などが開催されています。日本国内でも数多くの切手収集家がおり、収集のカテゴリも軍事切手や昭和切手、手彫り切手など数多くに分類することが出来ます。使用済みの消印に着目して収集している方もおられ、その多彩さには目を見張るものがあります。

さて、切手の収集ですが、どのような切手でも基本的には紙で出来ているため、耐久性はあまりなく、少しの湿気や水気などでもダメージを受けてしまいます。さらに切手には裏糊が塗られているため、経年によってシミが発生してしまうことも多いのですが、そうしたダメージを受けている切手は価値が下がってしまい、伴って切手を売るときの買取価格も下がってしまいます。最も、ダメージを受けてしまった切手は相場よりも安く買取・販売されるので、購入するときの敷居は下がるはずですが、愛好家の観点から見ると、やはり少しでも綺麗な切手で集めたいという心が働きますので、需要自体もそれほどありません。そのため切手の保管は切手収集においても切手買取でもかなり大切になってきます。

まず切手の収集方法ですが、切手専用のアルバムやストックブックが販売されていますので、それを使うのが最も一般的かと思います。ボストークというアイテムもありますが、これは切手の名称や年代ごとに切手を貼る位置が決まっており、コンプリートすることを目的に発行されているものですので、集めている切手の年代や種類がバラバラの方にはあまりお薦めはできません。ですがコンプリートしたものは切手買取でも高く買取されやすいですね。そして防湿性に優れたグラシン紙というものを切手の間に挟み、湿気を防止します。グラシン紙があらかじめ使用されているストックブックも売られていますので、それを使うのが手っ取り早いかも知れません。そして切手は指の油でもダメージを受けてしまいますので、切手を触るときはピンセットを使った方が良いでしょう。こうした点に気を付けると切手のダメージを防止することが出来、将来的に切手買取を行う際に減額される可能性を減らすことが出来ます。

Copyright © 2017 切手と買取と時々紹介 All Right Reserved