切手と買取と時々紹介

中国切手は切手買取でも高く売れます

相場急上昇!中国切手は高価買取?

近年中国切手の価値が上がり、様々なメディアでも特集が組まれるようになりました。一昔前には名前も知らなかったような「赤猿」や「梅蘭芳」切手などの知名度も上がり、一枚で何千万円もの価格が付いているような中国切手もあり、切手買取業界でも注目の的となっています。ですが価値の高い中国切手は、中国で発行された切手全般を指す単語ではなく、中国で文化大革命が起こっていた時代に発行されていた切手のことを言うようです。では何故、文化革命時代の中国切手に高い価値や買取価格がついているのでしょうか。

そもそも文化大革命時代とは、中国で1966年から1976年にかけて起こった出来事であり、毛沢東率いる共産党が復権のために権力闘争を起こし、経済の停滞と大きな混乱が巻き起こりました。切手にも当時の共産党主義がよく表れており、毛沢東の肖像や共産党を題材にした切手が多く発行されています。当時の切手に赤色が多いのも、赤色が共産党のカラーだったからだとされています。文革時代には「切手収集は欧米の文化である」との思想で切手の収集が禁止されていたため、中国には当時の切手はほとんど残っていないといえます。つまり、希少性が元々高かったのです。中国切手の買取価格や値段が動いたのは中国の経済状況が好転し、右肩上がりとなった近年です。お金を持った中国の裕福層の間では自国の切手を買い戻す動きが見られ、伴って中国切手の価値や中国切手の買取価格もどんどん上昇していったのです。

昔の中国は外貨の取得のために切手を海外へと輸出しており、中国から近い日本には自然と当時の中国発行の切手が流れ込みました。そのため価値のある中国切手は日本に眠っている可能性も高く、もしかしたら貴方の側で見つかるかも知れません。中国切手で価値が高く、切手買取でも高値がつくと有名なのは、年賀切手として発行された赤猿です。これは当時の年賀切手の売れ行きがあまり伸びず、郵便局員がノルマとして買わされていた分に高値がついたことで一躍有名になりました。また、中国切手の中でも小型シート切手はそもそもの発行数が少ないため、切手買取でも高値で買取される可能性が高いです。

Copyright © 2017 切手と買取と時々紹介 All Right Reserved